top of page

2023年のHP制作相場と費用徹底解説!ホームページ作成の料金ポイント一覧表とプロの早見表

本記事では、2023年におけるHP制作の相場や費用について詳しく解説します。ホームページ制作を外注する際に、適切な予算設定をするためのポイントや、ランク別の費用一覧表をご紹介していきます。

また、HP制作を考えている人に役に立つ「最新版のプロの早見表」も合わせて提供しますので、是非参考にしてみてください。

2023年のHP制作相場の概要

ここでは、みなさんが一番気になる、制作の相場をタイプ別に紹介していきます。

LPのように一貫性を持たせた、1ページで全てを伝えるWebサイトの制作〜大規模な大企業や、病院・情報量が多いHPの相場をタイプ別にご紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

もちろん、ランサーズやここならなどのフリーランスの方に頼む場合など、まだ勉強中だから1万円で請け負いますなどのプロではない方の相場は省いておりますので、

その点を考慮した上でご覧ください。

HP制作費用の一般的な相場と制作に関係してくる費用について

ームページ制作の相場は、プロジェクトの規模や要件、関わる人数、デザインの複雑さなどによって変わります。

ンプルなホームページであれば最低でも10万円ほどかかると言われています。デザインやコンテンツの質を求め、高機能なHPを求めているのであれば、数十万円〜数百万円以上かかる場合もあり、 んな目的で何に重点をおいているのか確認しておくことが重要です。

デザインへのこだわりがある、SEO対策を施すなど手間をかけるのであれば、人件費が費やされ、またSEOに関しては専門性が高いため、依頼する際の費用も上がります。

ライティングや写真撮影の依頼をするのであれば、当然撮影のコストが掛かる為費用は上がります。

頼先の特徴や強み、機能、求める内容(ニーズ)によって差が出るのは言うまでもありません。専門性が高く、スキルを持っている企業に依頼すれば、クオリティは期待できる分当然費用は多くなります。

HPの相場は、一概にどれくらいかかるとは言いえないのが現状です。外注する前はどんなクオリティにしたいのか確認しておくことをおすすめします。

ェブ業界は言い値の部分も多少はあるため、最初は低い見積もりを提示して、最後にアドオンで費用を膨らませる企業もあるので、そのような怪しい企業には注意をしてください。

タイプ別のHP制作費用比較

HP制作費用は、種類や規模によって異なります。 以下では、タイプ別に制作費の相場を紹介しておりますので、参考にしてみて下さい。

LP(ライディングページ)

LP(ランディングページ)は、リスティング広告などをクリックし、その先の縦長のWebサイトのことを言います。宣伝したい商品やサービスの魅力を伝え、購入までに誘導することを目的としている事が多いです。

般的にLPの制作相場は、約5万円~と言われています。LPは1ページのみの制作となり、情報量が少ないため、制作費は安く抑えられる傾向です。

もちろん、依頼先、ページの長さ、情報量などによって料金は変動します。

ランディングページは広告として使用するため、少し甘くみるところがありますが安くて、5万円〜広告の市場としては、広告費の2倍〜3倍をかけて制作することで効果的にな広告運用ができると言われています。

次の広告の時にも再利用できるため、一度予算をかけて制作するのもおすすめです。

小規模サイト

規模サイトは、会社概要、サービスの紹介、お問い合わせなど、必要最小限のコンテンツを利用したホームページのことを言います。ページ数は10ページ前後だと言われています。簡易的なホームページを求めるのであれば、制作相場は約30万円ほどです。

小規模サイトの大半は、Wordpressツールを活用制作しています。宣伝費をカットすることによりコストをおさえることができます。 また、小規模サイトは個人事業主や中小企業が活用している事例が多くみられます。

大規模サイト

大規模サイトは、中堅・大企業向けのホームページです。大規模サイトでは、商品やサービスの情報量が多い傾向があり、会社概要、サービスの紹介、お問い合わせなども合わせるとページ数は60以上になります。制作相場は約500万円ほど掛かる場合もあります。

た、HPは作って終わりではなく運用面で、ランニングコストが掛かる為、考慮しておくことも必要です。常に最新の状態にしておくとブランディングに繋がります。そのためには、SEO対策や商品情報の変更など、充実させておくことをおすすめします。

店舗サイト

店舗サイトは、飲食店や美容院、教室など店舗を紹介するホームページです。飲食店であれば「美味しそうな雰囲気の料理」、美容院であれば「院の雰囲気が分かる」写真などを利用するので、別途写真撮影の費用がかかるケースもあります。

舗サイトでは、トップページ、店舗の詳細、お知らせ、メニュー、お問い合わせなどを合わせて約10〜15ページほど必要になります。制作費用の相場は約40万円ほどです。予約システムや写真撮影にも外注する場合も、さらにコストがかかりますので、依頼する前は必要になるのか確認しておくことをおすすめします。

ECサイト

ECサイトは、ショップシステムや搭載する機能によって料金は変わってきます。ページ数は30ページ以上になります。トップページ、カートページ、お知らせ、メニュー、お問い合わせなどさまざまあり、制作相場は約100万円~です。

商品の検索やクーポンの配布、顧客管理、メルマガの配信、公式ラインなどカスタマイズをする場合、さらに費用がかかります。目的やサービス内容を明確にすれば、必要な機能のみ搭載することができるため、場合によってはコストをおさえることができます。

HP制作費用のポイントと一覧表

ここまでホームページを外注する際の費用の相場を紹介してきました。目的や依頼先によって、料金に大きく差が出ます。

制作費用を決めるためのポイント

まずは、HP制作の費用をどれくらいかかるのか、どれくらいかけられるのかを把握し、予算を決めましょう。そして、どんな目的・要件で外注するのか明確にしておくことです。

オリティよりも制作費用を抑えてもよい場合であれば、企業やプロではなく、「個人事業主」に依頼してもよいでしょう。基本的に個人事業主は一人ですべての作業に対応するため、人件費を抑えることが可能です。リソースは限られているため、クオリティであったり、早めの納品を求める場合は向いていないと言えます。

一方、費用はかかってもクオリティを重視するのであれば、企業やプロをおすすめします。専門性が高く、戦略的にホームページを運用したい場合に向いています。

2023年度のHP制作費用一覧表

2023年におけるHP制作費用の一覧表を提供します。 以下の表は、制作会社がホームページを作成した場合の料金の相場です。

HPを制作する上で金額が変わってくるところを大きく分けて

ページ数 →ページ数はコストに直結します、しかしページ数が増えることにより1ページあたりの単価が安くなる事業者がほとんどです。

機能面 →更新がしやすいようにこんな機能を入れたい、導線をこんな風に変更したいなど要望がプラスされると必然的に費用も上がってきます。

運用コスト →どこまでの運用のアドバイス・管理を頼むかにもよりますが、SEO特化・MEO・内製化支援など様々な形態があるので、HPは作って終わりでは意味がないので、しっかり作成後の運用も視野に入れましょう。

費用はあくまでも目安です。要件や施す部分、ページ数によって、制作費用は異なります。

また、ホームページの運用には月額費用がかかります。

あくまでも目安です。参考程度にみていただければと思います。

ホームページ作成費用の内訳

ホームページを作成する場合、どのようなものに費用がかかるのか気になる方はいるかもしれません。以下では、どのような内訳があるのか、その詳細を紹介しています。

取材・インタビュー

こちらは、プロのライターがそれぞれの企業や会社に赴き、取材・インタビューをします。その取材をもとに、ホームページに載せる文章などの原稿を執筆します。ライターは基本的に質問事項を考え、クライアントにヒアリング。

クライアントによっては、求めていない回答が返ってくることもありますが、ライターはあいまいな回答でも上手く言語化してくれるため、適切な原稿を作成してくれるでしょう。

写真・動画撮影

ホームページに記載する写真、動画を使う場合があるはずです。会社の雰囲気や自社商品の紹介、などオリジナルのものを使います。

撮影はプロが対応することがほとんど。飲食店の場合、「いかに美味しそうな写真」を撮れるかが鍵です。また、社内や自社商品を紹介する場合、大がかりな撮影機材が必要になるケースがあります。

商品数は多いと数日撮影に要することもあり、また遠方のロケ地に赴くようであれば、別途費用がかかります。

サーバー管理、維持費

ホームページを運用する場合、月々コストがかかってきます。ホームページを持っていると、社会に貢献するためにサーバというコンピューターにデータを移行しないといけません。レンタルサーバ会社があり、その会社からレンタル費用を支払うことになるため、月々コストがかさみます。

ドメインの管理費

ドメインは、ホームページに使われるアドレスです。例えば、「〇〇.co.jp」などがあります。ホームページだけでなく、ブログにも使われています。

ドメインは、レンタルサーバ会社から購入可能です。ドメインの場合、年間コストとして支払う必要があります。

保守・メンテナンス費用

保守メンテナンスは、メンテナンス、管理、ホームページの更新など、安全を丸投げするシステムです。契約は任意ですが、結んでおくことをおすすめします。

万が一、ホームページが消滅、ハッキング、故障が起きた場合、企業が対応するのは難しい部分があります。リスクを回避するためにも、保守メンテナンス契約を結んでおいた方が安心できます。

SEO対策

SEO対策の外注も任意ですが、資金にゆとりがあればコストをかけた方がいいでしょう。ホームページにアクセスされるためには、上位表示させることが重要です。そうすることで、売上やお問い合わせが向上する可能性があります。

逆にアクセスがなければ、まったく売上につながりません。その意味でも、SEO対策は非常に重要です。SEO対策は、作業量が多く、また結果が出るまで時間がかかります。売上を上げるのであれば、ホームページにSEOを施すことをおすすめします。

ホームページ制作先の種類

ホームページ制作先はさまざまあります。自社が求める要件や目的によって、依頼先は異なるはずです。また、納期や資金も考慮し、制作先を決めることをおすすめします。今回は4つの依頼先を紹介します。

①制作会社

制作会社と言っても、規模によって制作相場は異なります。小~中規模の制作会社の場合、約10~30万円です。大規模制作会社の場合、100万円を超えることがあります。

ホームページを依頼する場合、その後も更新のために再依頼するケースもあります。なので、更新費用を含めた予算を考えておくことをおすすめします。更新費用は、1ページ約2~3万円ほどです。

制作会社は、人数が多いため人件費がかかってしまいますが、臨機応変に対応してくれるのがメリットです。人それぞれ得意なスキルを持っている人が多く、柔軟に対応してくれるはずです。そのため、自社に適切なホームページを提供してくれることが期待できます。また、スキルが高いプロもいるため、細かい部分まで対応できる点も利点です。

②広告代理店

”広告代理店に依頼する場合の費用相場は、ホームページ制作会社へ依頼した際の制作費の約2割~5割が仲介手数料として発生します。

さらに、その後の集客施策のサポートの費用が発生するため、トータルすると費用相場は最も高くなります。”

広告代理店に依頼する場合は、ホームページを作成してから集客をサポートしてくれます。もちろん、集客を依頼する場合、費用は発生します。予算を抑えたいのであれば、広告代理店はおすすめしません。

③フリーランス・個人事業主

フリーランス・個人事業主には、さまざまなスキルを持った個人の方がいます。ライター、デザイナー、広告運用、SEO専門家などです。もちろん、ホームページ制作を得意とする方もいます。個人の方に依頼する場合、ランサーズやクラウドワークス、ココナラなど大手のクラウドソーシングサイトを活用するのがおすすめです。

フリーランス・個人事業主に依頼する場合は、約1〜10万円程で依頼することが可能です。企業が外注する場合と比べて、コストを大きくおさえることが可能です。個人であるため、着手が早い利点があります。

費用と早さは企業と比べると圧倒的にメリットが大きい一方、自分の知識内で完結してしまう為クオリティに差がでやすいデメリットが出やすい、またこの金額だから強く言えない・思った内容と違ったなど苦い経験をされた方は多くいらっしゃると思います。どうしても不安である場合、経験が豊富、高評価のワーカーなど、信頼できる人に依頼すればいいでしょう。

④CMS

CMS(ContentsManagementSystem)は、 弊社で取り扱っているWixもCMSツールとして世界でシェア第3位を誇っており、Webに精通していない人でもWebコンテンツを作れるサービスです。

こちらのCMSを活用すれば、外注しなくても自分でホームページを作成することができます。ただ、CMSを活用する場合、当然費用もかかってきます。

初期費用は、数万円ほどです。CMS利用料は月額5000円~30万円ほどです。また、自社の事業を行いつつHPの変更を行うとなればとても工数が掛かってしまうので途中で挫折してしまう方も多いです。

CMSを活用する場合、自分で作業ができる、費用がおさえることができるなど、自分の好きなように対応できるのはメリットです。しかし、パソコンの操作に慣れていない、自分で作業したくないのであれば、苦手だと感じるかもしれません。不得意だと感じるのであれば、ノーコードCMSを使ってもいいかもしれません。

HP制作費用の節約ポイントと損をしないための注意点

HP制作を外注する際、費用をおさえるためにすべきことをお伝えします。また、その際の注意点もあわせてご紹介します。

制作費用を節約するポイント

HP制作費用を抑えるための節約ポイントを紹介します。 結論」から言いますと、コスパを考えながら、予算を最適化することがいいでしょう。

外注する際、求めるクオリティや目的によって制作費用は異なります。安ければいいというのではなく、自社に適切なものを提供するためには、何が必要で、何を依頼すればいいのか、しっかりと把握した上で結論を出してください。「必要なものは施し、不要なものは依頼しない」、端的に言うとこのような形で対応すればいいでしょう。

また、クオリティをそこまで求めない場合は、費用が安い個人事業主やフリーランスの方に依頼してもよいかもしれません。

損をしないための注意点

HP制作において損をしないために注意すべきポイントを解説します。

依頼先の選択や契約内容などに注意し、トラブルを避けないといけません。依頼先を決める際は、自社が求めるホームページを作成できるのかを確認することをおすすめします。

制作依頼先によって、得意不得意、できることなど異なります。 しっかりと要件定義をした上で何を依頼するのかを把握し、それから依頼先で対応できるかどうか確認することをおすすめします。

また、契約内容もきちんとチェックしておいてください。中には不要な内容まで契約に含まれているケースがあります。そうなってしまえば、無駄な費用や時間が発生するなど、問題になる可能性があります。万が一、不適切な部分があれば、一度言及することをおすすめします。

HP制作にはWixがおすすめ

HPを制作するには、Wixがおすすめです。 Wixがおすすめな理由を以下に3つご紹介していますので、参考にしてみてください。

最初から最後まで無料で使える

Wixは、最初から最後まで無料で使うことができます。Wixのアカウントを所有していても、イニシャルコストやランニングコストがかかることがありません。一方、WordPressの場合ですと、ドメインやサーバ代の維持費はかかりますが、Wixには一切費用は発生しませんのでお手頃だと言えます。コストを抑えたい方には、もっていのHP制作ツールです。

初心者でも簡単に扱える

Wixは、初心者でも簡単に扱うことができます。HPを作成する際、コーディングするケースがあります。コーディングとは、プログラムを書くことを意味します。つまり、プログラミングです。

Wixの場合、すでにできあがった作品を使用することができます。そのため、一切コーディングの必要はないため、初心者でも簡単に使うことが可能です。HP制作を時短したい方やデザインにあまりこだわりを持っていない方は、Wixのコンテンツを使ってもいいでしょう。

Wixではマーケティングまで完結できる

Wixではマーケティングまで完結することができます。HP制作が終えれば、次はお問い合わせの対応やメンテナンスなど、対応することになるかと思います。

無料で使えて、初心者でも使いやすい、すでにできあがった作品を使える、おまけまで完結するため、これほど有益性の高いHP制作ツールは他にはありません。また、時間とお金をかけずにHPを制作したい方はWixがおすすめです。

ただし、独自ドメインを使う場合は有料であり、またWixは無料ツールであるためSEO対策では不利になりやすい点は注意してください。

まとめ

business hand typing on a laptop keyboard with Website homepage on the computer screen internet technology online connection concept.

今回は、2023年のHP制作相場と費用について、詳細な解説と一覧表、プロの早見表を紹介しました。

また、プロジェクトの規模や要件、プロの経験などを参考にして、適切な予算を把握することが重要です。

制作費用の節約ポイントや注意点にも留意しながら、成功するHP制作を目指すことをおすすめします。

弊社では制作面でのお困りごと・貴社のHPをプロの目線で現行サイトを分析して、アドバイスさせて頂く「無料相談会」を実施しております。

ご興味がある方は下記のボタンより、弊社「株式会社ラジャ」までお問い合わせください。

Wixの機能面のお困りごとは




「日本 Wix研究所」へお任せください。

月〜土曜 9:00〜18:00時までお問い合わせのご対応をさせていただいております。

電話番号:080-3545-7308

株式会社ラジャ




株式会社ラジャでは、Wix の機能面や運用面についてのお困りごとをメディアやYouTube で配信しております。

日本語で解説している数少ないメディアですよければ他の動画や記事も是非、ご覧ください。

プロのサポートが必要な場合は30分ほどのオンラインZOOMミーティングも無料にて承っておりますのでお気軽に相談ください。

閲覧数:12回

Comments


bottom of page